いきなり本題に入るのはNG!テレフォンセックスはゆっくり時間をかけて!

テレフォンセックスを行う際は、いきなり本題に入ってはいけません。焦らずゆっくり時間をかけて慣れていきましょう。 - 電話でいきなり本題に入るのはNG!

新着情報

◆2015/11/11
電話でいきなり本題に入るのはNG!の情報を更新しました。
◆2015/11/09
男心をつかんでしまう女性のテクニックとは?の情報を更新しました。
◆2015/11/09
電話からリアルに変わるとき男性が気をつけたい4つのポイントの情報を更新しました。
◆2015/10/22
会社プロフィール♪の情報を更新しました。
◆2015/10/22
電話をかけるときにはきちんと電話料金事を考えようの情報を更新しました。

電話でいきなり本題に入るのはNG!

人に話しづらいことを話そうとすると、どうしても本題に入る前に様々なためらいが相まってどうでもいい話をしがちです。
こんな事ではいけないと思っていても、時としてそれはいいアクセントになることをご存じですか?

テレフォンセックスで本題に入るまで

本題に入る前にそれなりの前振りを持たせると良いのがテレフォンセックスです。
いきなり本題に入ろうとするあまり「今からセックスしよう」などといってしまっては相手の気持ちは一気に冷めてしまいます。
実際に体を合わせてするセックスと同じようにテレフォンセックスだって雰囲気作りを心がけなければなりません。
にもかかわらず本題をそのままストレートにいうのはいかがなものでしょう。

徐々にエッチな話に

はじめてテレフォンセックスをする相手とは最初は他愛もない話から始めれば良いのです。
年齢とかすんでいるところとかからはじめて初恋の話や恋人の話、そして初体験の話など徐々に徐々にエッチな話に迫っていって頃合いを見計らって相手の身体と自分の身体を使ったテレフォンセックスを始めるのです。

慣れている二人なら

さくっとテレフォンセックスをするだけの関係になっているなら電話をかけて早々にエッチな話を始めてさっさとセックスに持ち込むというのが効果的でしょう。
あまり時間をたらたらかけていると、お互いの中が深いにも関わらずどうしてそのようなことをしなければならないのかとけんかになりかねません。

いいつきあいにしよう

テレフォンセックスの相手とはいえエッチな話が出来る貴重な相手ですからいい付き合いにしていきましょう。
片方が満足するような話をするだけではなく、エッチをお互いに楽しめる有益な者にしたいですね。
付き合ってしばらくするとどちらからともなくエッチな話をしたいと思い始めます。
もちろん二人の関係が長い間でも、ちょっとした話からエッチな話につながるというのは往々にしてあることです。
彼氏と彼女の関係というのはそうしたところにも魅力を感じられますね。

遠距離の彼女とも

テレフォンセックスの良いところ・・・大学を卒業して彼氏は地元に、彼女は都会で働くなんてことは今の時代当たり前です。誰でも等しく働く権利を与えられているわけですから、どこでどう働こうと勝手ですからね。そうした彼氏と彼女の関係を続けているとどうしても性欲を発散したいと思うことがあります。
そんなときには「ちょっとした下ネタ」を会話に織り交ぜてみましょう。そうすれば二人の心は離れることはありません。

男性からアプローチする

下ネタを混ぜるとどうして性欲の発散につながるのでしょうか。
これは「テレフォンセックスにアプローチするための前振り」だからです。
tdujkd
女性にだって性欲はありますが、男性ほどガツガツと表現してくれるわけではありません。
その上遠距離ではセックスも簡単にできませんから、かなり押さえているのです。
ここであなたからちゃんとアプローチをかけていけば自然な流れでテレフォンセックスに持ち込めることでしょう。

ダイレクトな表現はNG

しかしテレフォンセックスをしたいから、その旨をそのまま伝えてしまっては雰囲気はぶちこわしです。
もちろんはじめてするときには恥じらいながらにそうしたことを伝えるというのもテクニックの一つですが、1度しか使えませんよ。

会話の流れをうまく作ろう

エッチな話は普通の話をしている限り生まれてきません。
会話の流れをエッチな方向に向けられるような下ネタを会話の合間に挟み込んでいき、そこからエッチな話に盛り上げていきましょう。